第六感


 誰もいないこのような場所を一人歩くと、いつもより感覚が研ぎ澄まされます。
山の中で聞こえてくる微かな音、差してくる日の光、まわりの木々の匂い、乾いた口の中の苦い味、持っているカメラの感触。
そう、人間に備わった "五感" という感覚です。

 では "第六感" はどうよ、という話になる訳ですが・・
こういう所では、当然 "霊感" を思い浮かべることでしょう。
でも、これは感じやすい人とそうでない人がいるらしいのですが、ワタシの場合は信心が足りないとみえて、まあ感じることはありません。

 では、それ以外でそれらしきことと言えば、時計を見ずに "ちょうど今12時だな" と勘でそんなに狂いもなく当てたことでしょうか。
そう、腹の減り具合で時間が分かるなんて、ワタシの直感もなかなかのものです。

 でも、そういうのって第六感と言えるのかな?


DSCF0343S.jpg




DSCF0351S.jpg

X-Pro2  XF16mm/F1.4  国上山にて (弥彦山の隣りの山)


[ 2017/09/09 00:00 ] 名刹 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/846-1b7205b0