白藤

 県央、燕市にある "八王子の白藤" がそろそろ見頃らしいというので見に出掛けました。(5月9日)
その昔、行ったことがあるのですが、すっかり場所を忘れてしまいナビ頼りです。

 何せ古いナビなので目的地の反対方向へ走ったりとだいぶ遠回りさせられました。
というより、ワタシの方向音痴には自分ながら呆れてしまうのです。

 これは自動車学校の実技試験でコースを走った時にもその音痴ぶりがもろに出ました。
試験の途中でコースを忘れ交差点手前でしばらく止まったままとなってしまったのです。
"試験官さん、教えてくれよ~" と内心期待したのですが全く無視されて教えてくれません。

 ところが "火事場のクソぢから" 今まで使われることもなかった場所の脳細胞も働いたのか突然コースを思い出し、無事最後まで走ることが出来たのです。
あの時は、本当に神仏が助けてくれたとしか言いようがありません、それにあんな不出来でも不思議と合格です。

 というように、本当に頭の悪いのには苦労します。
えっ、 "ただ勉強しなかったからだろ" ですって?

 はい、まったくそのとおりでございます ...。



_DSF7786-2S.jpg




_DSF7796S.jpg




_DSF7783S.jpg




_DSF7793S.jpg

このような老木でも毎年花を咲かせます、人も負けずに老いても一花咲かせたいものですね、ワタシは枯らしてばかりですけど。


[ 2017/05/13 00:00 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/760-afb18ca9