落書き厳禁

 ここには大きな道路が通っていて街中でもあり、夜間車の往来があると思われるような場所ですがよく描けたものですね~。
きっと、あっと言う間に描き終わったのだろうと推測されますが、いやーたいしたものです、と変なところで感心したりして。

 ところで、これ何なんでしょうね?
手を広げたような形にも見えますが、まあ、 "芸術" いや "落書き" とはそもそも訳の分からないものなんでしょう。

 落書き人(びと)にお願いです。 (絶対この記事を見ていないでしょうからテレパシーでエイっ)
個人の所有物に書くのは甚だ迷惑なので、今度は 警察署や交番 の壁にでも描いてもらえませんか。

 真の "落書家" なら一般庶民には迷惑をかけないこと、 "落書きの先生" から教わらなかったのかな ...。



DSCF2404.jpg

マウントアダプタ + 35mm/F2 
[ 2016/12/05 00:00 ] スナップ | TB(0) | CM(2)

こんにちは

”警察署や交番 の壁にでも描いてもらえませんか。”
これに大爆笑(^o^)
これができたら芸術に昇華するのかしら?!
[ 2016/12/05 11:26 ] [ 編集 ]

どうもです。

いつもありがとうございます。

”警察署や交番 の壁にでも描いてもらえませんか。”

 もしこれが達成できたら、もう晴れて落書き界の殿堂入りです。
あとはそのまま、お巡りさんのお世話になってください、もしかするとオリの中かもしれませんけど三食は出ますよ。
でも、安心してください、貴殿(落書き人)の名前だけは残ることでしょう、名誉ある 落書き家 いや 芸術家 として。
こんなストーリーを描いていたのですが、アホな妄想ですので悪しからず。
これからもよろしくお願いします、こちらも読ませていただいています、では。

[ 2016/12/05 13:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/632-3da7f067