信号機の青と緑

 道路の信号機の "青" と言われているのが、実際は "緑" の色というのは良く知られた話です。
本来、日本では交通で使う信号は赤・黄・緑と決まっていて、青といわれる色は実際は "青緑色" で青と緑の間の緑寄りの色だそうです。

 日本では、伝統色の "和の色" というのがあって、繊細な色の違いで細かく分類された名前がついています。
緑っぽい色でも、薄青(うすあお)とか緑青色(ろくしょういろ)などと青の字がついているものもあり大雑把には括れないのです。
いかにも日本らしい、繊細な美意識が、こんなところにも出ているのですね。

 以上、どこかからの受け売りでしたが、とても勉強になりました。
ふーん、なるほど~、我が家の赤字も実際は黒字だったなんてことあるわけないよな~...。



X-T1 XF10-24mm
DSCF5122ST.jpg
スポンサーサイト



[ 2016/04/28 01:02 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/444-6c377aac