夜を彷徨う④

古町十字路付近を徘徊す。

 ☆ 色についての考察 ☆
 
 夜になるとさまざまな色の光がくっきりと浮かび上がります。
人間がその光を色として認識できるのは、赤、緑、青、それぞれの波長の光に反応する三つのセンサーみたいな細胞があって、
それらの細胞の興奮度の強さをブレンドしたものが脳内で様々な色として感じるのだそうです。
これって、まさしくデジタルカメラそのものですね。

  "なんでだす? なんでこんな機械のような生き物がこの世におるんだす?"  

 「あさ」ならきっとこう言ったでしょうが、本当に精密機械のような生き物が地球上に存在しているというのが不思議でなりません。
それを設計し創造した者こそ神とか宇宙人なのでしょうか?

 あれまー 、またまた妄想話しが始まったぞー ...。 



X-E1 18-55mm/F2.8-4 RAW ISO6400 すべて手持ち撮影です。
DSCF2805S.jpg




DSCF2808S.jpg




DSCF2822S.jpg




DSCF2813S.jpg




DSCF2823S.jpg
スポンサーサイト



[ 2015/12/18 01:03 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/334-0d00e35a