撮影道具も5年で様変わり

このレンズの写りは100%に拡大してみると、かなり遠方に写っている細かい文字でも解読できます。
しかも、AFは速く、小さくて軽いのでスナップには言うことありません。

これが5年前にはスナップでもX-E1やX-T1にマウントアダプターを付けてコシナのフルサイズレンズで撮りまわっていたものです。
金属感たっぷりで重く、ピントリングを回すのにも結構力がいるというもので、ガッチリさは今のレンズと比べ物になりません。
ピントは当然手動合わせですが、これがいかにも写真を撮っているという感じで面白さがありました。

このマウントアダプターだけはまだ後生大事に持っています。
そのうち、とりあえずニコンの中古AIレンズでも手に入れて昔を思い出すのも面白いかもしれません。


X-Pro2 XF23mmF2 駅前バスターミナルにて

_DSF3654S 1





[ 2020/11/04 01:10 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/1351-a0ea6d81