気軽に床屋にも行けず

 髪の毛ばかりは本人の了承を得ず勝手に伸びてしまうので、否が応でも床屋のお世話にならなくてはなりません。
このコロナのご時世、高齢のこともあり人の集まる場所にはなるべく行きたくないのですが、ほっておくわけにもいかず困っています。

 床屋から感染したという話は聞いたことが無いですが、散髪中はマスクを外さなければならないので一抹の不安はあります。
なので、一か月に一回だったのが今は二か月おきとなりました。

 地方のこちらにも感染者が増えてきたら、今度は六か月おきとかにせざるを得ないようなことになるかもしれません。
こうなったら最早、姿かたちが " 家に籠った仙人 " です。

 えっ、 "髪の毛があるだけ羨ましいぞ"  それは失礼いたしました。


_DSF3368S.jpg





[ 2020/08/13 04:30 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/1329-fbd7438f