正平さんのマネ、その3


 平成大橋まで来ました、ここを渡り今度は対岸の方の土手を走ります。

_DSF2322S.jpg


川沿いの土手はチャリが安心、安全、安直に走れる絶好の道です、おかげで疲れも無くここまで来れました。(電動のおかげかも)
ここは関屋分水ですが、左側の流れはすぐ先の海に、右側の水門からの流れは萬代橋がある市内中心部を通り海へと流れて行きます。

_DSF2315S.jpg


JR越後線の鉄橋が見えてきました、その先が今回の目的地となります、もう目前です。

_DSF2292S.jpg

次回は正平さんが「お便り」を読んだあの階段の場所で締めくくります。



スポンサーサイト



[ 2019/07/19 00:00 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comparsa.blog.fc2.com/tb.php/1236-cdfb6a02