枯錆古探し

本人が枯れて古いせいでしょうか " 枯れたもの 錆びれたもの 古いもの " を見つけるのが楽しみの一つとなっています。
町中から離れた地域には 「昔のまま」 のものが結構あります。


_DSF3708P1S.jpg






スポンサーサイト



[ 2024/05/18 00:10 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

ネコよイチゴ泥棒を見張るのだ

わが家も、お遊びで幾つかの長細いプランターでイチゴを庭の日当たりの良い場所に並べて置き育てています。
今日は赤くなった何粒かを食べてみましたが、ほどほどに美味しいのですが、まだ甘さが足りません、ちょっと早いようです。
かといって、収穫が遅くなるとスズメやアリたちに先を越されてしまいます。
朝なんかは庭にスズメのうるさい鳴き声が聞こえてきますが、我が家のネコは朝寝坊で全く役に立ってくれません。
ネコ曰く " ボク、イチゴなんか食べないも~ん "


こういう本格的なものにしたいところですが、地元のイチゴ農場の甘いイチゴを買ったほうが安上がりということになってしまいそうです。
ちなみに、中央からやや左側の四角い建物が西区赤塚にある新潟国際情報大学です、周辺は田んぼだけ。
_DSF3722S.jpg






[ 2024/05/14 00:10 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

連休は元気を貰いにパワースポットへ

この連休中は県外から遊びに来た客人とパワースポットと言われている弥彦に行って参りました。

道路は思ったより混みませんでしたが駐車場は満車状態で空きを探すのに一苦労、さすが大型連休、県外車も多数あり。
彌彦神社参拝では年末年始を思わせるような待ち行列でした。

その後はロープウエイで弥彦山の上まで登りましたが、平時は15分おきですが連休なのでひっきりなしの運転で待ち時間も少なくて済みました。
ちなみに弥彦山は標高634mで東京スカイツリーと同じ高さだそうです。
定員30人でぎゅうぎゅう詰めでしたが山腹の新緑がきれいでした。
眼下の田んぼの田植え時期には一面緑一色となります。

ただ、山頂の駅を降りるとそこからは急な階段が何か所かあり、日頃の運動不足が祟り息切れしまくりとなりました。
ですが、弥彦のパワーで復活! さすが神の宿る地であります、 なーんて実はベンチに腰掛けてしばらく休んだからでした。


弥彦山ロープウエイ山頂駅にて 眼下には越後平野と弥彦競輪場(画面右側の中央より少し下)
_DSF5020P2S.jpg







[ 2024/05/11 00:10 ] 山・雲 | TB(0) | CM(0)