カメラの手振れ

この写真、等倍にするとよく分かるのですが、50mm相当のレンズ、シャッター速度1/60秒でも完全にぶれてます。
カメラの構え方、シャッターの押し方とか、もう初めからやり直しっていうレベルです。
スナップなので慌ててささっとシャッターを押すからだと思いますが、こんなところにも性格が現れるものだと妙に納得します。
となると、大元の自分の性格から治さないとダメなのでしょうか、いやーこれは難題です。

安価(というよりタダ)で安易な解決方法 → 暗いものは写さない。


_DSF1814S.jpg






スポンサーサイト



[ 2022/07/27 04:33 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

この時の姿勢

このような地面に這う花の撮影にはチルト式のモニターでないこのカメラでは本当に写しにくいです。
ファインダーを覗くにしても背面モニターを見るにしても顔を地べたに近づけ尻だけは上げた姿勢となります。
まさに " 頭隠して尻隠さず " のようなあられもない姿です。

危険! 気分を害する恐れあり、絶対想像しないでください。


_DSF1806S.jpg

X-Pro2 Touit 1.8/32mm




[ 2022/07/22 10:42 ] 草花 | TB(0) | CM(0)

カメラのチカラ

地元にあるお寺ですが見るからに古そうです。

朝から黒い雲が漂っていましたが、どうやら雨は降りそうもないので折畳傘を持参し散歩にでました。
歩きに歩き、スマホの歩数計では7千歩を超えていました。

カメラを持たず、ただ歩くならとてもこんなに歩けません、不思議にカメラがあると遠くまで大丈夫です。
ただ、たくさん歩いた分だけ疲れがどっと加わり、後々祟りますが・・。


_DSF4361S.jpg




_DSF4364S.jpg






[ 2022/07/19 00:00 ] 風景 | TB(0) | CM(0)