魚の小骨が歯医者受診にまで

夕食にシシャモを食べていたら細い小骨が歯の隙間に入り取れなくなってしまいました。
爪楊枝でいくら挑戦してみるも失敗、イライラが募ります。

そんな時、カミさんがいつも使っているという樹脂製の糸楊枝で再挑戦です。
ところが、それが仇となり差し歯がグラついて抜けそうになってしまうという最悪パターンです。

" たかが小骨されど小骨 " おお騒ぎに発展してしまいました。
即、歯医者さんに予約です、あーあ、また医療費がかかる。

糸楊枝にはご用心。
まあ、健康な歯であればこのようにはならなかったのでしょうが。


早起きした結果がこのようなものを撮ることに。

_DSF0622S.jpg






スポンサーサイト



[ 2021/08/31 00:10 ] スナップ | TB(0) | CM(0)