気軽に床屋にも行けず

 髪の毛ばかりは本人の了承を得ず勝手に伸びてしまうので、否が応でも床屋のお世話にならなくてはなりません。
このコロナのご時世、高齢のこともあり人の集まる場所にはなるべく行きたくないのですが、ほっておくわけにもいかず困っています。

 床屋から感染したという話は聞いたことが無いですが、散髪中はマスクを外さなければならないので一抹の不安はあります。
なので、一か月に一回だったのが今は二か月おきとなりました。

 地方のこちらにも感染者が増えてきたら、今度は六か月おきとかにせざるを得ないようなことになるかもしれません。
こうなったら最早、姿かたちが " 家に籠った仙人 " です。

 えっ、 "髪の毛があるだけ羨ましいぞ"  それは失礼いたしました。


_DSF3368S.jpg





[ 2020/08/13 04:30 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

こう暑いと雨が降って欲しい

今日(8月11日)は猛烈な酷暑の日となりました。
表日本では40℃を超える所が何か所もあったとか。
いや大変な日でした。

 我が家では夏場の庭の植木への水やりが欠かせず水道代もバカになりません。
でも、明日は朝からずっと雨模様の予報が出ているのでひとまずはやれやれです。

 
_DSF3348S.jpg





[ 2020/08/12 01:00 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

カラスの勝手でしょ

 郊外に住んでいると、ヒッチコックの「鳥」のような、数え切れないほどの数の群れのカラスを見かけることがあります。
また、よく小編成で電線にとまっているのも見ます。
このように群れで見ることが多いのですが、街中では写真のように一匹(羽)で行動するカラスも見られます。

 カラス社会の団体行動でもたまには個人行動ができて、息抜きで街中に遊びに出て自由行動をしているのでしょうか。
それとも、初めから群れには入らず " カラス社会の煩わしさが嫌で我が道を行く一匹カラス " なんでしょうか。

 なんて人間のワタシが勝手なことを想像しておりますが、正しいカラスの生態については別に譲るとして。
カラスからしてみれば、どうしようと " カラスの勝手でしょ " ですね・・。


_DSF3343S.jpg





[ 2020/08/08 06:02 ] スナップ | TB(0) | CM(0)