お茶の時間


 デパートの撤退で寂しくなる一方の古町ですが、アーケードを歩いていたら工事現場のウオールに掲げられた大きな絵が目に入りました。
そこで写真を撮っていたところ自転車が入って来たのですが、ご婦人のご尊顔を露わにする訳にはいかないので、暗めにして "お茶を濁す" ことにしました。
ワタシ、こういうのを誤魔化すのは "お茶の子さいさい" なんです。
な~んて "臍が茶を沸かす" ような話だったでしょうか。

DSCF1447S[1]




スポンサーサイト



[ 2019/04/20 00:00 ] スナップ | TB(0) | CM(0)