良き昭和の時代


 引き続いて霜の降りた朝の一枚です。

 今、ラジオを聴きながらブログを書いています、いや、正しくはキーボードを打ってます。
途中、何気なしにNHKFMを選曲したら "かあちゃ~ん、かあちゃ~ん" バックには尺八の音が。

 「浪曲十八番」という朝の番組で浪曲が流れていたのです、なぜか浪曲が早朝にです。
正月の「春の海」の琴の音さえ聞くことが少なくなってしまった昨今のせわしく騒がしい時代とは違い、静かでゆったりとした昭和の時間が蘇ります。

 (ワタシ)  "あ~、昭和の昔は良かったな~" 
 (天の声)  "もう平成も終わろうとしているのにまだそんな寝ボケたことを"  
 (ワタシ)  "寝ている時だけでなく昼間も十分ボケてますよ"

 この番組を聞いて、それまで書いていた(打っていた)文章を全部消し、書き直す(打ち直す)ことに。
特に浪曲ファンでもないのに何ででしょう、幼かった頃のラジオしか無かった時代を思い出したからでしょうか。


DSCF0147S.jpg

X-T1 XF35mm/F1.4  ご近所散歩



[ 2017/11/26 00:00 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

又もや柿が並ぶ


 前回は吊るしてある干し柿でしたが、今回は妙なところに並んでいる普通の柿です。
でも、見るからに食べたいとは思えないようなものですけど。

 ここは誰も来ることもない近所の小さな川の土手ですが、多分、河川敷に畑を作っている近くの住人が置いたものでしょう。
この柿は、畑仕事をする時に食べるためか、あるいは鳥のためのエサか、はたまたヒマつぶしで並べたのか?

 何せ、年寄りばかりの町内でして、ヒマを持て余している人たちが多いのです。 (ワタシも含む)


DSCF0142S.jpg

X-T1 XF35mm/F1.4  霜の降りた朝に近所をぶらり、寒いです。


[ 2017/11/25 00:00 ] スナップ | TB(0) | CM(0)

味覚音痴


 折角作っている人には申し訳ないのですが・・
ワタシ、干し柿ダメなんです。
かじった時のあのグニャッとした感触がよろしくないというか。
普通の柿なら大好きで、今年も沢山食べたんですけどね~。

 これも生産者の方に申し訳ないのですが・・
地元で有名な特産品の何とかという洋ナシみたいなのも何故かあまり口に合いません。
みんな、美味しい美味しいと言っているのですが。
ワタシ、味覚がおかしいのでしょうか?

 "味覚だけでなく頭もおかしい"  いやー、こりゃ参った。


DSCF9914S.jpg

X-T1 XF35mm/F1.4  本町市場にて  ちなみに、長野にいた時には "イナゴ" がカリッとしていて好物でした。


[ 2017/11/23 00:00 ] スナップ | TB(0) | CM(0)