街ぶら②

 前回から引き続き街中のぶらぶら歩きです。

 流れる時間の中、その時に偶然出合った瞬間も、何かの "ご縁" があってのこと。
それは始めから神が仕組んだ "必然的なご縁" ではないのかと思ったりします。
ということは、万物の行動はすべて神のプログラミングどおりだったということ?

 またまた哲学的というか宗教的になってしまいましたね~。
そういうワタシの宗教はと尋ねられれば 「カメラ教(狂)」 の信者ということになりますでしょうか。

 "なかなかバスがこないわね~、何やってんのかしら" ...。



DSCF1835.jpg
スポンサーサイト



[ 2015/10/06 01:10 ] スナップ | TB(0) | CM(0)