今日もてくてく写真日和

ウォーキングやサイクリングも兼ねた「お散歩」写真です。

絶好のチャリ日和  


 今日は雲が多く日が陰っていて、しかも涼しいではありませんか、これは久しぶりにチャリに乗ってみるか。
また、思い付きの行動に走りました。

 まずタイヤの空気をパンパンに入れ、油を少し差してから出発。
空気を入れると軽いのなんのって風も無く涼しいので最高のチャリ日和です。

 そんなベストな日和なんですが、この冬の間に運動一つしていないものだから足の力が出ません。
"筋肉が衰えたな~"、日ごろ運動不足の結果なんだから仕方ありません。

 無理せずに今日はここまで、街中に入る少し手前で引き返しました。
田舎道、自転車道をのんびり走ったので翌日の疲れも無いが尻が痛いです。
 

DSCF4438S.jpg



DSCF4431S.jpg


X-T1 Touit2.8/12mm  車もねぇ、人もいねぇ、安心安全のこんな農道を道草しながらタラタラと走ります。




スポンサーサイト

雨上がり  


 雨の降らない日が無いくらいよく降ります。
そんな雨の上がった合間をみて夏井のハサ木まで。

 観光案内書を見るとここにはハサ木の木が600本も保存されているように書かれていますが、そんな沢山どこにあるのかな?
ここからちょっと見ただけでは気が付きませんが、きっと広い中のどこかにあるのでしょう。

 ちょうど今収穫時なので、黄色の部分が段々と少なくなりつつあります。
やはり、田んぼのどす黒い土の色より、実った稲の黄金色の方が有難みがあります。


DSCF0235S.jpg


X-Pro2 Touit2.8/12mm 9月16日撮影





寒いのは苦手、暑いのも  


 毎年急に寒くなってくるこの時期には、いつも鼻水が出たり詰まったり。
花粉症は幸いワタシはまったく無いのですが、この "冷気アレルギー" には毎年悩まされています。

 逆に今年の夏の猛暑で連日高熱にさらされて数多くの脳細胞が壊れてしまったとみえます。
これによる症状が現れてきて、なんか毎日頭がボーっとしてシャキッとしません。

 そんなことで、暑さ寒さのダブルパンチ、頭はボー、鼻はグスグスでもう最悪のコンディションです。
徐々に徐々になだらかに気温が変化してもらいたいものです、そうでないと体がついていけない。


DSCF9244S.jpg


X-T1 XF50-140mm/F2.8  信濃川の川岸にて 川の中で木が生育中のミニ浮島です




当時憧れのフルサイズ  


 "実るほど頭が下がる稲穂かな"
今年は台風で頭どころか全身下がっている所もあるようです。

 当時の憧れのフルサイズ機ニコンD700で撮ったものをひっくり返してきました。
とにかく、頑丈な造りでずっしりと重かったカメラでした、レンズも。

 
DSC_4125S.jpg


D700 35mmF2 (コシナ) 5年も前に撮ったRAW画像を再現像してみました。  



我慢する、忍耐は大事なこと  


 テニスの大阪なおみ選手は今回 "我慢" することで勝利につながったと言われてますが・・

 ワタシも最近我慢したことがあります、でも負け犬で終わりましたけど。
ホームセンターの奥にある出入口の、一か所しかないレジで、レジ嬢と世間話をしながら支払いをしているオッサンの後ろに並びました。(ワタシの後ろは誰もいない)
レジ嬢とオッサンとのやり取り → 「〇〇〇カードはお持ちですか?」、"持ってない"、「お作りしましょうか?」、"いやいらない"
普通はそこでお金を払ってお終いなんですが。

 そのオッサン、よりによってカードなんて作る気も無いのに今度はそのカードについて色々と聞き始めました。
"あーだ、こーだ、何だこーだ。"、店員も「あーだこーだ、何たらこーたら、お作りになられると何かと便利かと云々・・。」
でも、結局カードを作る訳でも無く二人の会話は続き、ワタシは完全に無視され待たされたまま放置されることに。
ワタシは "早くしてよ~" と呟く寸前までになりましたが、そこで一呼吸、じっと我慢です。

 何だって強面の体格の良い怖そうなオッサンなんですよ。
しかもレジのお嬢はワタシの存在など頭の中からきれいさっぱりと消え去っているようですし。
まあ離れた正面のレジに移っても良かったのですが、もう癪にさわったので意地でも嫌みの顔をして見せたくて。(人間が出来とらん)
今度行くときは腕に怪しげなタトゥシールを貼って濃いサングラスをかけて行くぞ・・。

 という訳で、待たされてイラっとしましたが、"話のネタを提供してくれてありがとう"
なんだか史上最悪のコメントになりそうですね ・・・ふふふ。


DSCF9196S.jpg



X-T1 XF16-55mm/F2.8  季節はすっかり秋に変わりました。




▲Page top